【案件獲得】動画クリエイターが仕事を見つける方法は?

公開日: 2024/01/15
【案件獲得】動画クリエイターが仕事を見つける方法は?

フリーランスや副業で動画クリエイターとして働き始めたものの、なかなか仕事が取れなくて悩んではいませんか。仕事が取れなければ、せっかくの知識や経験も活かすことはできません。そこで今回は、仕事が取れず悩んでいる動画クリエイターの人に向けて仕事の探し方や、効果的な方法を詳しく解説します。

動画クリエイターが仕事を探す際のプロセス

やみくもに仕事を探すのは時間の無駄です。動画クリエイターとして仕事を探すときは、ひとつずつ確実にステップを踏むことが大切です。仕事を確保する前には、しっかりと準備するようにしてください。

まずは、自分のスキルを確認しましょう。スキル以上の仕事を請け負っても、クライアントの期待には答えられません。画像編集やテロップ挿入、音声挿入ができれば、基本的な動画は作成可能です。しかし、より多くの仕事をもらうためには高度な知識や技術が必要になります。企業のPR動画やショートムービーであれば、高品質の作品が求められるでしょう。自分のスキルを把握することは、信用を得るためにも重要なことです。

また、ポートフォリオを作成するのも大切です。ポートフォリオはいわば自分の顔です。ポートフォリオがあれば、クライアントも不安を感じることなく仕事の依頼ができます。ポートフォリオのポイントについても紹介しましょう。

ポートフォリオには、必ず自己紹介をつけてください。過去の実績や取得した資格、普段使用しているツールも記載しておきましょう。SNSのアカウントを記載するのもおすすめです。作品のテーマを記載しておけば、クライアントの心にも残りやすくなります。ネットに配信されている作品がある人は、WEBサイトのURLも記載しておきましょう。

仕事を勝ち取るためには、ほかの人とは違うポートフォリオを作るのが重要です。ポートフォリオにオリジナリティを出してください。ほかの人と同じようなポートフォリオは、クライアントの心には残りません。できれば、作品に使用するテロップや音声も自分で作成するのがおすすめです。初心者でも編集ソフトを使用すれば、ある程度のものは作れます。ポートフォリオを作成する時には、守秘義務や著作権にも注意してください。

また、仕事を探す前には必ず編集ソフトを用意するようにしてください。編集ソフトにはさまざまなものがありますが、「Adobe Premiere Pro」であればほとんどの編集作業が行えるでしょう。

動画クリエイターの仕事が見つかりやすくなるコツ

動画クリエイターとしてより多くの仕事を見つけるには、ちょっとしたコツが必要になります。以下の4点に気をつけるだけで、仕事も見つかりやすくなるでしょう。

SNSを活用する

近年では、個人だけではなく企業もSNSを活用しています。SNSを使用すれば、より多くの人に自分の作品をアピール可能です。SNSの魅力は世界中に発信されることです。SNSでつながった人から、仕事の縁をもらえるかもしれません。とくに実績が少ない人は、SNSの活用が大きな宣伝活動となります。

メールの内容に気を配る

文章ひとつで相手の心も変わるものです。仕事を探す際には、相手に送るメールの内容にも気を配りましょう。ポイントは、相手の立場になってメールを作ることです。クライアントが仕事を頼みたいと思うような人物像を想像してみてください。

また、実績やサンプル、SNSのアカウントを記載するのも効果的です。サンプル作品を送れば、強い心意気も感じられるでしょう。メールには、できるだけ詳しく自分のことを記載してください。

動画作成講座を受講する

動画の世界は日々進歩しています。動画編集初心者の人は、講座を受講して技術や知識を身に着けるのもおすすめです。現在はネットで学べる講座も増えています。課題で作成した作品がポートフォリオとして使えるのも、講座受講のメリットでしょう。講座のなかには仕事の取り方を教えてくれるものや、実際に仕事を紹介してくれるものもあります。

+αの活動をする

動画作成の技術が高い人は、+αの活動をするのもおすすめです。講師として活動をしたり、SNS発信で広告料を得たりすれば収入も増えていきます。コンサルティングやマーケティングを学べば、動画編集と組み合わせた活動もできます。

動画クリエイターが仕事を見つけるための効果的な方法

動画クリエイターが仕事を見つけるためには、クラウドソーシングサイトやスキルマーケット、エージェントサービスを利用するのがおすすめです。それぞれについて詳しく解説します。

クラウドソーシングサービス

副業やフリーランスで活動する人と、動画クリエイターを求めている人をマッチングさせてくれるのがクラウドソーシングサービスです。仲介手数料は取られますが、未経験の人でも仕事が獲得しやすいでしょう。仕事数が多いのもクラウドソーシングサービスの利点です。業界最大手のクラウドワークスは、動画クリエイターとしての仕事も多く紹介されています。

スキルマーケット

「ココナラ」や「スキマ」などのスキルマーケットも、仕事を見つけるには効果的です。スキルマーケットであれば自分で価格を決められます。誰でも出店できるのも、スキルマーケットのメリットのひとつです。自ら売り込みを行うスキルマーケットは、実力を試すにはピッタリの市場でしょう。

エージェントサービス

フリーランス向けのエージェントサービスを利用すれば、より高価格の仕事が見つけられます。エージェントが仕事を仲介してくれるのも、エージェントサービスの利点です。

まとめ

どれだけ才能や技術があっても、仕事がなければ宝の持ち腐れです。動画クリエイターとして活躍したい人は、自ら積極的に仕事を探しに行きましょう。仕事を見つけるためには、しっかりとした準備もしてください。コツをつかんで仕事探しを行えば、スムーズに仕事も見つかります。

学びながら実績が作れる!

studio US(スタジオアス)

studio US(スタジオアス)

学びながら実績が作れるスクールです。
動画クリエイターが、案件を取得するには自分で営業を行う必要があり、未経験の方は営業方法が分からずにつまずいてしまうことも珍しくありません。
studio USではスキルを習得した段階で案件の紹介が可能なので、すぐに動画クリエイターとしての実績を積むことができ、外部の仕事を獲得するためのアピールにも活用できます。

おすすめの動画編集スクール比較表

スクール名 コース・受講料
期間キャリアサポート
公式サイト
studio USの企業ロゴ
動画編集コース 5万5,000円(税込)
動画クリエイターコース 9万9,000円(税込)
動画クリエイター総合コース 16万5,000円(税込)
※買い切りオプション +5万5,000円(税込)
無制限(オプション追加時)公式サイトへ
デジタルハリウッドの企業ロゴネット動画クリエイター専攻副業・フリーランスプラン 48万1,800円(税込)
ネット動画クリエイター専攻 38万5,000円(税込)
ネット動画ディレクター専攻 33万円(税込)
など
1か月~6か月公式サイトへ
デジハクの企業ロゴデジハクコースREG 14万8,000円(税込)
デジハクコースPRO 24万8,000円(税込)
90日~180日公式サイトへ
ヒューマンアカデミーの企業ロゴ動画クリエイターコース 27万8,168円(税込)
動画クリエイター総合コース 47万6,692円(税込)
Web動画クリエイター総合コース 102万563円(税込)
6か月~12か月公式サイトへ
ムークリの企業ロゴ
クラスプラン 37万4,000円(税込)
マンツーマンプラン 59万4,000円(税込)
ゼロイチプラン 29万7,000円(税込)
3か月~4か月公式サイトへ
DMM WEBCAMPの企業ロゴ
動画クリエイターコース
・4週間 16万9,800円(税込)
・8週間 22万4,800円(税込)
・12週間 27万9,800円(税込)
・16週間 33万4,800円(税込)
4週間~16週間公式サイトへ
winスクールの企業ロゴ
YouTube動画制作実習
・受講料 10万4,500円(税込)
・入学金 1万9,800円(税込)
・教材費 3,300円(税込)
など
約2か月~3か月公式サイトへ

おすすめ関連記事