動画・映像クリエイターってどんな人?仕事内容を詳しくご紹介!

公開日: 2024/02/15
動画・映像クリエイターってどんな人?仕事内容を詳しくご紹介!

近年、映像制作の仕事がしたい人が増えています。YouTubeやSNSに自分で作った動画を配信している人もいるでしょう。自分の作り出した映像が世界中に配信されるのはたまらない喜びです。そこで今回は、映像制作の仕事を志す人に向けて動画・映像クリエイターの仕事内容を詳しく解説します。

動画・映像クリエイターとは?

動画・映像クリエイターとは映像制作を行っているすべての人たちを指します。映像制作の仕事には数多くの人が関わっているものです。YouTubeやSNSであれば自分ひとりでも作れますが、企業やテレビの映像はより細かく、高いクオリティが求められます。まずは動画・映像クリエイターについて知りましょう。

プロデューサー・アシスタントプロデューサー

映像制作の指揮官がプロデューサーです。プロデューサーは映像の企画やスケジュール管理、予算管理などを行います。場合によってはスポンサーとの交渉をすることもあるでしょう。

マネージメント業務であるプロデューサーには、リーダーシップ能力だけでなく企画力やコミュニケーション能力、管理能力が求められます。また、業界内での人脈も広げなければいけません。アシスタントプロデューサーはプロデューサーのもとで、サポート業務をする仕事です。

ディレクター・アシスタントディレクター

ディレクターは実際に映像制作を行う人です。プロデューサーの指示のもと、映像の制作や演出を行います。企画やスケジュール通りに準備を整え、各業務の担当者に仕事を割り振ります。

ディレクターもプロデューサーと同じように、リーダーシップ能力やコミュニケーション能力が必要です。実際に映像制作を行うディレクターには、映像制作の知識も欠かすことはできません。アシスタントディレクターはディレクターのサポートを行います。

編集者

テロップなどを使い、撮影された映像を加工するのが編集者です。編集者になるには、編集ソフトの操作技術が必要になります。

CGクリエイター

CGクリエイターはCG作成ツールを使用し、動画や画像を作成します。CGクリエイターになるにはCG作成ツールの操作技術が必要です。

カメラマン

カメラマンは実際に映像を撮影する人です。よりよい映像を撮影するためには、写真撮影の技術だけでなく、照明や構図割りなどの知識も必要となります。

音声

音声は映像にBGMやナレーションなどの音を加えます。映像によっては、撮影時の音声録音をすることもあるでしょう。

動画・映像クリエイターになるのに特別な資格は必要ありませんが、各職種に欠かせない技術や知識を身につけていた方が、就職には有利です。

動画・映像クリエイターの具体的な仕事内容

次に、動画・映像クリエイターの具体的な仕事内容を紹介していきます。

情報ドキュメント制作

現場取材をし、社会の動向を多くの人に伝えるのが情報ドキュメント制作です。社会を変えるきっかけになる情報ドキュメント制作は、ほかの仕事にはない緊張感も感じられます。

CM制作

企業広告のCMやPRを作成するのがCM制作です。作られたCMやPR作品の反響が大きければ、より多くの仕事が舞い込んでくるでしょう。

ミュージックビデオ制作

アーティストの音楽に映像をつけるのがミュージックビデオ制作です。ミュージックビデオといっても内容はさまざまです。アーティストを前面に押し出すものやストーリー風のもの、デジタル技術を駆使したものもあります。ミュージックビデオ制作には、技術だけでなくセンスも求められると覚えておきましょう。

展示品制作

美術館や博物館、イベントでの上映作品を制作するのが展示品制作です。IT技術の進んだ現代では、プロジェクションマッピングやVRなどの特殊技術を駆使した作品も多く制作されています。

Web配信制作

YouTubeやSNSなど、Webで配信される映像を制作するのがWeb配信制作です。Web配信制作ではターゲット層の心に訴える映像作品を作る技術が必要となります。

自分のアイデアを形にして世界中の人に発信できる動画・映像クリエイターはとてもやりがいがある仕事です。反響がわかりやすいのも、動画・映像クリエイターの仕事の特徴でしょう。自分の作品に多くの反響が集まれば、自信も湧いてきます。過去の作品と今の作品を比較すれば、自分の成長度合いを知ることも可能です。

動画・映像クリエイターの将来性

結論からいうと、動画・映像クリエイターの将来性はとても高いです。ネット社会の現代では、動画や映像を通したPRが増えてきています。インターネットだけでなく、企業の公式ホームページでも動画や映像は欠かせません。今後ますます動画・映像クリエイターの活躍の場は広がっていくでしょう。

また、映画やテレビの現場でもIT技術を使用した映像が求められています。3Dや4D、VR映像は、今後さらに多くの企業が取り入れること間違いありません。

そして、さまざまな業界で働けるのも、動画・映像クリエイターのメリットのひとつです。映像の世界は日々進化するものです。動画・映像クリエイターとして活躍するためには、常に努力し、経験と知識を積むことが大切となります。

まとめ

自分がイメージしたものが映像になるのはうれしいことです。その映像が世界中に配信されれば喜びも一層増すでしょう。動画・映像クリエイターの仕事は、今後ますます必要とされます。動画や映像制作の仕事をしたい人は、動画・映像クリエイターの仕事につくのがおすすめです。自分の作った作品で、世界中の人たちの心を動かしてください。

学びながら実績が作れる!

studio US(スタジオアス)

studio US(スタジオアス)

学びながら実績が作れるスクールです。
動画クリエイターが、案件を取得するには自分で営業を行う必要があり、未経験の方は営業方法が分からずにつまずいてしまうことも珍しくありません。
studio USではスキルを習得した段階で案件の紹介が可能なので、すぐに動画クリエイターとしての実績を積むことができ、外部の仕事を獲得するためのアピールにも活用できます。

おすすめの動画編集スクール比較表

スクール名 コース・受講料
期間キャリアサポート
公式サイト
studio USの企業ロゴ
動画編集コース 5万5,000円(税込)
動画クリエイターコース 9万9,000円(税込)
動画クリエイター総合コース 16万5,000円(税込)
※買い切りオプション +5万5,000円(税込)
無制限(オプション追加時)公式サイトへ
デジタルハリウッドの企業ロゴネット動画クリエイター専攻副業・フリーランスプラン 48万1,800円(税込)
ネット動画クリエイター専攻 38万5,000円(税込)
ネット動画ディレクター専攻 33万円(税込)
など
1か月~6か月公式サイトへ
デジハクの企業ロゴデジハクコースREG 14万8,000円(税込)
デジハクコースPRO 24万8,000円(税込)
90日~180日公式サイトへ
ヒューマンアカデミーの企業ロゴ動画クリエイターコース 27万8,168円(税込)
動画クリエイター総合コース 47万6,692円(税込)
Web動画クリエイター総合コース 102万563円(税込)
6か月~12か月公式サイトへ
ムークリの企業ロゴ
クラスプラン 37万4,000円(税込)
マンツーマンプラン 59万4,000円(税込)
ゼロイチプラン 29万7,000円(税込)
3か月~4か月公式サイトへ
DMM WEBCAMPの企業ロゴ
動画クリエイターコース
・4週間 16万9,800円(税込)
・8週間 22万4,800円(税込)
・12週間 27万9,800円(税込)
・16週間 33万4,800円(税込)
4週間~16週間公式サイトへ
winスクールの企業ロゴ
YouTube動画制作実習
・受講料 10万4,500円(税込)
・入学金 1万9,800円(税込)
・教材費 3,300円(税込)
など
約2か月~3か月公式サイトへ

おすすめ関連記事

【PR】動画編集のスキルアップ!フリーランス・副業を目指す方におすすめのスクール