動画編集で稼げるようになるには何か月必要?

公開日: 2023/10/30 最終更新日: 2024/04/05
動画編集で稼げるようになるには何か月必要?

動画編集の世界は、魅力的な映像を創り出すための技術とセンスが求められる分野です。収益を得るまでの期間、編集の魅力を最大限に引き出すための必要なスキル、そして効果的にスキルを習得するための方法を学ぶ必要があります。この記事では、動画編集で稼げるようになるまでに必要な期間や、スキル習得のコツをについて紹介します。

動画編集で稼げるようになるには何か月必要?

動画編集を新たに手掛ける場合、多くの人が初めての収益を得るまで、約3ヶ月を要しています。これは一般的な平均であり、状況や取り組み方によって変わり得ます。単純な編集作業に限定すると、約1ヶ月での収益獲得も夢ではありません。高額な収益を目指すなら、3ヶ月の取り組みを予定して進めるのが無難でしょう。

実際の取り組みフローとしては、1ヶ月目に基礎的な動画編集スキルの習得することになります。2ヶ月目は自らの作品を集め、ポートフォリオを整備しましょう。3ヶ月目には、実際の仕事や案件への応募、そして受注を始めることが可能です。

ただ、動画編集の業界では評価を得るのに時間がかかる場合も少なくありません。挑戦する気持ちと行動力が必要です。落ち込まずに次の案件に挑むことが、短期間での成功への鍵となります。

努力と時間の投資によって、1ヶ月での収入獲得も不可能ではないです。勉強の時間やスキルの研鑽を増やせば、早期に成果を上げることも十分考えられます。

動画編集の魅力は、スキルを習得次第で早期に仕事を受けられる点にあります。成功の声や次の仕事の依頼も増えており、映像制作会社への移行も考えられるでしょう。副業としても、1ヶ月以内で5万円の収益を目指すことも可能です。ただし、全ての人が同じ速さで成果を出せるわけではありませんので、積極的に案件に取り組むことが推奨されます。

動画編集に必要なスキルの習得と必要な期間

最初に、動画編集のスキル習得に要する期間は、大体1ヶ月から3ヶ月と言われています。この間に映像編集の基礎やソフトウェア操作、さらには高度なエフェクトの適用など、多岐にわたる知識と技術を獲得することが可能です。

しかし、自分自身で独学を選ぶ場合、必要な教材の選定から学習の進行管理まで、全てを自分で行うため、学習期間が延びることも考えられます。独学を実りあるものにするためには、継続的な努力、自律的な学習の方法、そして強い学習へのモチベーションが欠かせません。

動画編集におけるスキル習得は、多岐にわたる知識と技術の習得を要求される分野です。以下に4つの主要な要点を詳しく解説します。

カット技術

動画編集の基石とも言えるカット技術は、視聴者がストーリーをスムーズに追えるようにするための技術です。具体的には、ショットのタイミングを最適に調整することや、複数のシーンや角度からの撮影を自然に連結させることが必要となります。物語の流れが断ち切られることなく、視聴者に深い印象を与えることが可能です。

テロップの追加

テロップは、映像の中で補足情報を提供するための非常に効果的なツールです。テロップを追加する際には、その文字のデザインや配置、色、大きさなど、多くの要素を考慮する必要があります。適切なテロップは、メッセージを強調し、情報の伝達を助ける役割を果たします。

効果音の活用

映像だけでは伝えきれない情報や感情を補完するために、効果音の使用は不可欠です。例えば、ドキュメンタリー映像での自然の風景シーンには、環境音として川の流れや鳥の鳴き声を加えることで、リアリティが増します。また、アクション映像では、打撃音や爆発音など、動きやシーンに合わせて効果音を選定することで、迫力が増します。

サムネイルの制作

サムネイルは、動画の内容や品質を一目で伝えるための重要な要素です。魅力的なサムネイルを制作することで、視聴者の興味を引き付けることが可能です。デザインのセンスや、画像編集技術、タイトルやキャッチフレーズの配置など、さまざまな要素のバランスを取る必要があります。

動画編集で稼げる人と稼げない人の特徴

動画編集で稼げる人の特徴

動画編集で収益を上げるには、経験を積みながらスキルを磨き、効率的な作業方法を見つけることが重要です。初心者の段階では生産性が低く、収益が期待通りに上がらないケースもありますが、継続的な努力と学習によって、収入を増やせるでしょう。

細かな配慮ができる人

動画編集の仕事は、クライアントの要望やニーズを繊細に理解し、的確に反映させられる人材が求められます。具体的には、テキストのフォントやカラー、効果音の種類や音量、シーンの切り替えのタイミングなど、細かな部分まで配慮して作業する事が大切です。

また、誤字脱字のチェックなどミスが許されないからこそ、クライアントが満足するレベルの品質を保ち、細部に至るまで丁寧に作業を行わなくてはいけません。

忍耐強くコツコツ努力ができる人

動画編集には繰り返しの作業が多く、細かな調整が必要なため、忍耐強さが求められます。ひとつのプロジェクトを完成させるまでの過程で、何度も修正を行ったり、長時間の編集作業を続けたりするなど、多くの試行錯誤があります。そのため、根気よく作業に取り組むことが重要です。

自分のスキルを売り込める人

動画編集者が稼ぐためには、技術力だけでなく、自己ブランディングや営業力が重要となります。高い技術を持っていても、それをPRできなければ、経済的な成果を得ることが難しいでしょう。

そこで自分の強みや特徴をアピールし、クライアントに自信を持って提案することが必要です。受注したプロジェクトに熱意を持って取り組み、品質の高い成果物を納品すれば、顧客からの信頼を築けます。さらに営業スキルを向上させることで、多くのクライアントにリーチし、案件を獲得できる可能性も広がっていきます。

多彩な表現手法に対応できる柔軟性を持つ人

動画編集の仕事は、さまざまなジャンルやスタイルに対応する柔軟性が求められます。時にはテレビCMのような商業用途の編集から、アートフィルムのような芸術性の高い作品まで幅広い要求に応える必要があるのです。

また、動画編集の世界は常に変化しており、需要やトレンドも移り変わります。ひとつの編集手法だけに固執せず、市場の動向を把握し、新しい編集技法を学ぶなど自己成長を継続する姿勢が重要です。

動画編集で稼げない人の特徴

動画編集が稼げない理由のひとつは、動画編集者の数が市場に比べて過剰になっていることが挙げられます。需要に比べて供給が多すぎるため、価格競争が激しくなり、単価が低下してしまうケースも少なくありません。自らのスキルと経験を十分に活かし、自己マーケティングに努めることで、動画編集者は市場での競争力を高め、収入を増やすことが可能です。

基本技術の不足による品質低下

動画編集の副業で稼ぐためには、高品質な成果物を納品することが欠かせません。しかし、基本的な編集技術や知識が不足していると仕上がりの品質が低くなり、継続案件を受注できず、疲弊してしまうケースも多いのが現実です。

初心者レベルの案件は競争率が高いので、まずは、確かな技術を身につけることが重要です。

コミュニケーションが取れない

動画編集の仕事に限らず、クライアントワークでは一定のコミュニケーション能力が問われます。最低限のコミュニケーションさえも不足していると誤解や不快感をクライアントに与えてしまいます。

高いコミュニケーション力は必要ではありませんが、質問に的確に答える、言い訳しないなど、社会人としての最低限のマナーやルールを守ることが大切です。

生産性が低く、多くの案件をこなせない

動画編集の仕事は、細かい作業がたくさん含まれており、時間と労力を要するものです。副業として取り組む場合、通常は本業の合間や帰宅後の限られた時間を利用して作業を進めることになります。

初心者の段階では作業に時間がかかり「空き時間を動画編集に費やしているのに、思ったほどの収入が得られない」と感じ、やる気を失ってしまいがちです。しかし、経験を積むと作業効率が向上し、外注化などの手法でさらに効率化できます。時間と労力をかけてスキルを磨けば、大きな収入を得ることも可能です。

クライアントニーズに応えられない

動画編集の副業で成功するためには、クライアントの要求やニーズを正確に把握し、適切に対応する能力が必要です。

なかでも、最悪なのが納期遅れです。納期遅れは、クライアントの指示に応えていないばかりか、最低限の信頼関係さえもなくしてしまいます。仮に仕事を受注できても、継続的に依頼してもらえなくなり、徐々に稼げなくなっていくでしょう。

積極的な営業活動をしない

スキルや経験に自信がなく、積極的な営業活動していない動画編集者も稼ぎづらいです。

なかでも初心者が「まだ初心者だから」と、案件に積極的に応募しない傾向があります。経験を積むためにも、積極的な営業や案件の応募が必要です。なぜなら、動画編集の仕事を得るためには、営業の数と成約率の両方が重要だからです。初心者はまだ成約率を高めるのが難しいかもしれませんが、その分、営業の数を増やすことが大切です。

動画編集スキルを最短で身につけるおすすめの方法

動画編集スキルを最も効率よく、最短で習得するためには、専門家からの指導を受けることが最善の策です。具体的には、動画編集専門のスクールやワークショップを利用するのが効果的です。

独学の落とし穴

動画編集の独学は非常に魅力的に思えるかもしれません。しかし、間違った方法での学習や、不要な情報に時間を費やすことで、習得時間は大幅に伸びる可能性があります。とくに、必要のない情報や技術に時間を使ってしまうと、最終的には2〜3倍の時間がかかることもあります。

独学の挫折率

独学の難しさは、多くの学習者が途中で挫折することも確認されています。なんと、その挫折率は約80%とも言われています。

プロからの指導の価値

プロの動画クリエイターからの指導を受けることで、必要なスキルだけを効率的に学べます。独学の際には、参考書やオンライン教材などが多く存在しますが、その中には必要のない情報も多く含まれています。プロの指導があれば、余分な情報を排除し、必要な部分だけを効率よく学べます。

動画編集スクールの利点

動画編集スクールを利用すれば、実際の業界で求められる技術やノウハウを学べます。加えて、直接フィードバックを受けることで、より実践的なスキルを身につけることが可能です。

まとめ

動画編集は、映像の魅力を最大限に引き出す技術とセンスが要求される芸術的な分野です。実際の編集での収益獲得までの期間は個人の努力や取り組み方によって異なりますが、その道のりには数々のステップが存在します。

初月は動画編集の基本スキルの習得を中心に、その後、自身の作品集やポートフォリオの整備、さらには実際の仕事の受注を目指して進めるのが理想的な流れと言えるでしょう。

動画編集に必要なスキルは幅広く、カット技術からテロップの追加、効果音の活用、サムネイルの制作に至るまで、その深みは計り知れません。特に、視聴者にストーリーをスムーズに伝えるカット技術や、情報伝達の補助としてのテロップは、映像の質を大きく左右する要素として重要です。

学びながら実績が作れる!

studio US(スタジオアス)

studio US(スタジオアス)

学びながら実績が作れるスクールです。
動画クリエイターが、案件を取得するには自分で営業を行う必要があり、未経験の方は営業方法が分からずにつまずいてしまうことも珍しくありません。
studio USではスキルを習得した段階で案件の紹介が可能なので、すぐに動画クリエイターとしての実績を積むことができ、外部の仕事を獲得するためのアピールにも活用できます。

おすすめの動画編集スクール比較表

スクール名 コース・受講料
期間キャリアサポート
公式サイト
studio USの企業ロゴ
動画編集コース 5万5,000円(税込)
動画クリエイターコース 9万9,000円(税込)
動画クリエイター総合コース 16万5,000円(税込)
※買い切りオプション +5万5,000円(税込)
無制限(オプション追加時)公式サイトへ
デジタルハリウッドの企業ロゴネット動画クリエイター専攻副業・フリーランスプラン 48万1,800円(税込)
ネット動画クリエイター専攻 38万5,000円(税込)
ネット動画ディレクター専攻 33万円(税込)
など
1か月~6か月公式サイトへ
デジハクの企業ロゴデジハクコースREG 14万8,000円(税込)
デジハクコースPRO 24万8,000円(税込)
90日~180日公式サイトへ
ヒューマンアカデミーの企業ロゴ動画クリエイターコース 27万8,168円(税込)
動画クリエイター総合コース 47万6,692円(税込)
Web動画クリエイター総合コース 102万563円(税込)
6か月~12か月公式サイトへ
ムークリの企業ロゴ
クラスプラン 37万4,000円(税込)
マンツーマンプラン 59万4,000円(税込)
ゼロイチプラン 29万7,000円(税込)
3か月~4か月公式サイトへ
DMM WEBCAMPの企業ロゴ
動画クリエイターコース
・4週間 16万9,800円(税込)
・8週間 22万4,800円(税込)
・12週間 27万9,800円(税込)
・16週間 33万4,800円(税込)
4週間~16週間公式サイトへ
winスクールの企業ロゴ
YouTube動画制作実習
・受講料 10万4,500円(税込)
・入学金 1万9,800円(税込)
・教材費 3,300円(税込)
など
約2か月~3か月公式サイトへ

おすすめ関連記事

【PR】動画編集のスキルアップ!フリーランス・副業を目指す方におすすめのスクール