動画編集がもっとうまくなる!動画編集のコツをご紹介

公開日: 2023/10/31
動画編集がもっとうまくなる!動画編集のコツをご紹介

動画編集が上手くなりたいけれど、コツやスキルアップの方法が分からないとお悩みではありませんか。そこで本記事ではそんなお悩みを払拭すべく、すぐに実践できる動画編集が上手くなるコツを紹介します。この記事を最後までお読みいただき、クオリティの高い動画編集にお役立てください。

もっと上手くなりたい!動画編集のコツ

動画編集は技術やテクニックさえあれば、ハイクオリティな動画が作れるわけではなく、コツを押さえておく必要があります。そこでここでは、動画編集のコツについて触れていきます。

事前に構成を準備する

動画編集を始めるには、事前に構成を作る必要があります。構成とは、各シーンの内容と時間経過を決めたもののことです。構成を作るには、動画のテーマとターゲットを定めることが重要です。どんな動画を誰に届けるのかを決めることで、内容の解像度が高まります。

また、伝わりやすい内容にする方法は「PREP法」の活用がおすすめです。PREP法とは「要点→理由→具体例→要点」の順で、構成を作成することです。

視聴者のニーズを盛り込む

動画編集では、視聴者の立場になり、視聴者のニーズを盛り込んだ動画を作成することが重要です。視聴者ニーズを盛り込むことで、サービスの利用やチャンネル登録など、具体的なアクションへの自然な誘導がしやすくなります。

素材のクオリティにこだわる

動画素材のクオリティにこだわらず、低画質・低音質のまま公開してしまうと、視聴者の離脱率が高い動画になってしまいます。素材のクオリティを高めるには、カメラやレコーダーなどの撮影機材は高性能なものを使用する必要があります。また、撮影の際には、雑音が入らない工夫や、明るい場所での撮影を徹底させましょう。

撮影技術を向上させる

高性能な撮影機材があったしても、使う人の撮影技術がともなわないと意味がありません。編集技術だけでハイクオリティな動画作成には限界があります。撮影技術を向上させるには、動画撮影を重ねて、場数を踏むしかありません。撮影のアングルや画角、手ブレ防止の方法、適切なライティング、ズームに頼らない撮影手法などは、動画撮影の経験で身に付けるしかありません。

動画編集のスキルアップを目指す方法

思うように動画編集するためには多くの場数が必要です。そこでここでは、動画編集のスキルを向上させる方法について解説します。

ほかの動画を模倣する

動画編集のスキルアップには、YouTube、ニコニコ動画、TikTokなどの動画サイトから参考になる動画を探し、模倣してみることが効果的です。効果音を差し込むタイミングや特殊効果の動画エフェクトなどのテクニックが学べます。

動画内にどういったテクニックが使われているかを分析することがポイントです。使われているテクニックを細分化し、必要なスキルを洗い出し実践してみましょう。

練習を重ねる

動画編集のスキルアップには、練習を重ねることが大切です。動画編集作業を重ねるうちに、ソフトの操作や、テロップやエフェクトに順応できるようになります。まずはソフト内の基礎的な操作から練習を重ね、徐々に複雑な操作に挑戦し、さまざまな表現を経験していくことでスキルアップに繋がります。

クオリティの高い動画編集を実現するポイント

動画編集を始めたけれど、どうすればクオリティを高められるのか想像できない方も多いのではないでしょうか。ここでは、ハイクオリティな動画編集を実現するポイントについて解説します。

カット編集

カット編集作業において大切なことは、適切なテンポを考えることです。YouTuberがカメラに向かって話す場面においては「えー」「あー」などの繋ぎ言葉はカットした方が、視聴者の飽きが防げます。反対に、自然風景などの落ち着いた雰囲気の動画では、間を大切にして、ゆったりとした時間の流れを演出する方が適切です。

BGMや効果音にこだわる

楽しい動画であれば楽しいBGM、悲しい動画であれば悲しいBGMと、映像に合ったBGMをつけることで、ハイクオリティな動画に仕上がります。また、動画の要所ごとに効果音を入れることで、伝えたいメッセージが強調でき、メリハリの効いた動画になります。

雰囲気に合わせたテロップを入れる

雰囲気に合わせたテロップを入れることで、内容が視聴者に刺さりやすくなります。楽し気な場面では、派手なデザインのテロップでより楽しい雰囲気が演出できます。また、テロップの文章は、端的にまとめることが重要です。文章が長すぎると視聴者が読み切れず、内容が把握しづらい動画になってしまいます。

ショートカットで効率化する

動画編集ソフトにも「Ctrl +C」で「コピー」などのショートカットが用意されています。ショートカットで作業を効率化することで、編集の作業スピードが速くなり、BGMやテロップを考える時間が生まれ、結果としてハイクオリティな動画編集が実現できます。

まとめ

今回は動画編集がもっとうまくなる編集のコツについて解説しました。動画編集のコツは、事前の構成準備、視聴者ニーズの盛り込み、素材のクオリティへのこだわり、撮影技術を向上などが挙げられます。また、編集スキルをアップさせるには、他の動画を模倣したり、練習を重ねたりすることが重要です。

さらに、ハイクオリティな動画編集を実現するポイントには、カット編集、BGMや効果音へのこだわり、雰囲気に合わせたテロップ、ショートカットの活用などがあります。動画編集がもっと上手くなりたいとお考えであれば、ぜひこの記事にある内容を参考にしながら、少しずつ編集スキルを磨いていってください。

学びながら実績が作れる!

studio US(スタジオアス)

studio US(スタジオアス)

学びながら実績が作れるスクールです。
動画クリエイターが、案件を取得するには自分で営業を行う必要があり、未経験の方は営業方法が分からずにつまずいてしまうことも珍しくありません。
studio USではスキルを習得した段階で案件の紹介が可能なので、すぐに動画クリエイターとしての実績を積むことができ、外部の仕事を獲得するためのアピールにも活用できます。

おすすめの動画編集スクール比較表

スクール名 コース・受講料
期間キャリアサポート
公式サイト
studio USの企業ロゴ
動画編集コース 5万5,000円(税込)
動画クリエイターコース 9万9,000円(税込)
動画クリエイター総合コース 16万5,000円(税込)
※買い切りオプション +5万5,000円(税込)
無制限(オプション追加時)公式サイトへ
デジタルハリウッドの企業ロゴネット動画クリエイター専攻副業・フリーランスプラン 48万1,800円(税込)
ネット動画クリエイター専攻 38万5,000円(税込)
ネット動画ディレクター専攻 33万円(税込)
など
1か月~6か月公式サイトへ
デジハクの企業ロゴデジハクコースREG 14万8,000円(税込)
デジハクコースPRO 24万8,000円(税込)
90日~180日公式サイトへ
ヒューマンアカデミーの企業ロゴ動画クリエイターコース 27万8,168円(税込)
動画クリエイター総合コース 47万6,692円(税込)
Web動画クリエイター総合コース 102万563円(税込)
6か月~12か月公式サイトへ
ムークリの企業ロゴ
クラスプラン 37万4,000円(税込)
マンツーマンプラン 59万4,000円(税込)
ゼロイチプラン 29万7,000円(税込)
3か月~4か月公式サイトへ
DMM WEBCAMPの企業ロゴ
動画クリエイターコース
・4週間 16万9,800円(税込)
・8週間 22万4,800円(税込)
・12週間 27万9,800円(税込)
・16週間 33万4,800円(税込)
4週間~16週間公式サイトへ
winスクールの企業ロゴ
YouTube動画制作実習
・受講料 10万4,500円(税込)
・入学金 1万9,800円(税込)
・教材費 3,300円(税込)
など
約2か月~3か月公式サイトへ

おすすめ関連記事

【PR】動画編集のスキルアップ!フリーランス・副業を目指す方におすすめのスクール