動画編集を独学でマスター!成功するための勉強方法をご紹介

公開日: 2023/10/30 最終更新日: 2024/04/05
動画編集を独学でマスター!成功するための勉強方法をご紹介

最近は動画サイトやSNSでさまざまな動画を見ることが一般的になっています。動画を見るのが好き、自分でも動画をつくってみたい、動画編集の仕事をしてみたいといった場合は、独学で勉強してもやり方をおぼえられるのでしょうか。今回は動画編集のやり方を独学でマスターできるのかどうかについて解説します。

動画編集は独学でマスターできる

近年は動画サイトやSNSにさまざまな方が動画を投稿しています。スマホでも編集できるようなものや無料ソフトも充実しているので、独学でもマスターしやすい分野といえるでしょう。

やり方がある程度体系化されているから

たとえば写真や絵画、ダンスなど芸術系の分野を学ぼうと思った場合、技術面はもちろんですが、高いセンスや感性も必要とされるでしょう。そのため、人によって思うようにスキルが身につかないこともあります。

一方動画編集のスキルは体系化されているため、同じように勉強すれば、同じようにスキルが身につけやすい分野となっています。そのためコツコツと勉強していけば、独学でもある程度動画編集のスキルは身につけられるでしょう。

独学で学べる環境が整っているから

動画編集について独学で勉強しようと思った場合、ウェブ、書籍、動画などからやり方を学べます。動画編集のやり方を詳しく説明している動画などもたくさんアップされているので、お金をかけなくてもやり方を学べます。

無料編集ソフト、アプリもあるので最初はお金をかけなくてもやり方を学べるでしょう。無料のものではもの足りなくなってきた、もっと多機能なソフトを使いたい、スペックの高いパソコンで編集したいという場合は、有料ソフトの導入やスペックの高いパソコンの購入を検討してもよいでしょう。簡単な動画編集であればスマホアプリでもできるため、すぐに無料で勉強しやすいのが、動画編集を独学で学ぶメリットといえるでしょう。

独学の場合、身につけておきたい動画編集スキル

動画編集といってもたくさんのスキルがあります。まずは基本的なスキルを身につけてから応用に進むのがよいでしょう。まずはどのようなスキルを身につければよいのでしょうか。

カットでむだのない動画をつくる

動画内でセリフをかんでしまった、不要な間が空いてしまったなどという場合は動画をカットしていくことでテンポよく見やすい動画を作成できます。取りっぱなしの動画で、だらだらと面白くない部分が長いと、視聴者も見るのをやめてしまうでしょう。

撮影した動画から必要なところだけを切り取り、テンポよくおもしろさを強調するためには、動画を適切にカットする作業が必要です。また決まった時間に動画を納めるというスキルも身につけることで、スキルアップにつながるでしょう。

音の挿入で動画を盛り上げる

動画には視聴者を退屈させないよう、その場に合ったBGMや効果音の挿入が必要です。入れすぎても動画が見にくくなり、足りないと何だかおもしろさが半減してしまうなど、編集者のセンスが問われる部分でもあります。

どんな場面にどうやって音を入れるのかをまずは身につけて、その後は、どんな時にどんな音を使えばとよいかといったアイディアや引き出しを増やしていきましょう。

テロップの挿入で見やすい動画をつくる

動画を見ているとタイトルやセリフなどが文字で表示されています。しゃべっているセリフをただ文字起こししているだけではなく、状況の説明であったり強調したいところを文字にしたりといった、テロップの挿入作業は動画作成で必要不可欠です。

テロップの大きさや色、タイミングなどで動画のわかりやすさ、快適に動画を見られるかなどが決まってくるので、身につけたい基本スキルのひとつです。

独学で動画編集をマスターする方法

独学で動画編集を学ぶにはさまざまな方法があります。自分に向いている方法で、スキルを身につけましょう。ひとつの方法だけでなく、いくつかの方法を組み合わせて効率的に勉強するのもよいでしょう。

YouTubeから実践的な学びを得る

YouTubeなどの動画サイトでは、動画編集の方法についての動画を発信している方がいるので、それを参考にスキルを学べます。実際に編集をしている方のやり方を学べる、編集画面を見ながら学べるといったメリットがあります。本を見て勉強するのが苦手な方におすすめの勉強方法といえるでしょう。

デメリットとしては、参考にする動画から有益な情報を得られるのかがわからないという点です。動画を見たのによくわからなかった、ほしい情報が得られなかったといったこともあるので、自分で動画を取捨選択する能力が求められます。

本で体系的な知識を得る

本は一冊に情報がまとまっているので、ひと通りの知識を身につけられるのがメリットといえるでしょう。また持ち歩きが簡単なので仕事の休憩中、電車の中、カフェなど場所を選ばずに勉強ができます。本で得た知識を実際に画面で再現できるかどうかはやってみないとわからない、わからない情報を探すのに時間がかかるという点がデメリットです。

ウェブサイトからほしい情報を探す

ウェブサイトは検索すればほしい情報が出てくるので、自分の知りたいところをピンポイントで学ぶのに向いています。しかし文章や静止画で説明がされている、わからなかった時にすぐに質問できず解決しにくいといったデメリットがあるので、YouTubeや本と組み合わせて活用するのがおすすめです。

動画編集スクールで学ぶ選択肢も

独学とスクールのどちらがベストかは個々の状況や目標によって異なります。独学でも動画編集のスキルを身につけスキルを磨くことが可能です。しかし、時間がかかるうえ、ひとりで問題解決しなくてはいけません。

一方、動画編集のスクールやオンライン講座では、専門的指導を受けながら、効率よく専門的な知識やスキルを効率的に学べます。短期間で実践的なスキルを身につけたい方や、動画編集の案件獲得に自信がない方は、スクールを活用しましょう。動画編集を副業にしたい方にとって、スクールやオンライン講座は有用な選択肢のひとつです。

動画編集スクールのメリット・デメリット

動画編集スクールでは実践的なスキルを効率的に学び、仕事に直結するサポートも充実しています。挫折率も低く、学習者がスムーズにスキルを身につけられます。そのため、動画編集を仕事にしたいと考えている人にとっては、動画編集スクールがおすすめです。

動画編集スクールのメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

専門知識を習得できる

動画編集には幅広い専門知識が必要です。スクールでは専門家による指導や経験豊富な講師によるフィードバックを受けられるだけでなく、具体的なスキル向上の手順をくわしく教えてくれます。カメラの使い方や照明の設置方法、編集ソフトの操作方法など、映像制作に必要なさまざまなスキルを身につけられ、高品質な動画を制作するための専門知識を習得できるでしょう。

プロのネットワークが構築できる

動画編集スクールでは、同じ志を持つ仲間や業界のプロとの出会いがあります。将来の映像制作において仕事の選択肢や有益なコラボレーションの機会を得られます。また、スクールの受講料は即戦力として活用でき、修了後には業界での実績や案件紹介のサポートも期待できるでしょう。

新しい技術が学べる

動画編集は日々新しい技術やトレンドが出てきており、常に進化し続けています。独学ではその変化に追いつくのが難しいですが、スクールでは常に最新の情報や技術を学べるため、競争力を維持しやすくなります。

コストがかかる

動画編集スクールに通うには、学費や交通費などがかかるだけでなく、学習に充てる時間も確保する必要があります。

現在、動画編集のスキルを身につける方法は複数存在します。自己学習用の教材はもちろん、YouTubeなどで学ぶことも可能です。費用面で悩まれている方は、動画編集スクールに通う前に、ほかの学習方法との比較検討が必要です。

独学のメリット・デメリット

動画編集を独学で学ぶことには、学習費用を抑えられる点や、自分のペースで学習できる自由度が挙げられるメリットがあります。独学のメリット・デメリットをそれぞれ見ていきましょう。

学習費用を抑えられる

独学で動画編集を学ぶ際の最大のメリットは、経済的負担が少ないことです。動画編集スクールに通う場合、数十万円もの出費が必要になることが一般的ですが、独学の場合は参考書やオンライン教材の購入だけで始められるため、数千円から1万円程度で済むケースが一般的です。

自分のペースで学習できる

また自由に学習を進められるのも独学のメリットです。特定のスケジュールに縛られることなく、興味関心やスケジュールに合わせて学習スタイルを選べます。本業がある方や、時間の制約がある方でも、独学なら空いてる時間を有効活用してスキルを向上できるでしょう。

学習に時間がかかる

独学では基礎的な知識を獲得できますが、専門的なスキルや実務での経験に至るまでには相応の時間と努力が必要です。

単に動画編集を学ぶことと、仕事として収入を得るレベルに達することはまったく異なる課題です。仕事で必要なスキルは、基本的な操作だけではなく、実践的な現場での即戦力としての能力が求められます。自分のスキルや課題を正しく把握するのが難しく、間違った学習法でスキルの習得が非効率になってしまう可能性もあります。

まとめ

動画サイトやSNSで最近はさまざまな動画を見られます。自分も動画を発信したい、動画編集のスキルを身につけて、仕事にしたいといった方はまず独学で動画編集を学んでみてはいかがでしょうか。

YouTubeやウェブサイトを活用すれば、無料で知識やスキルが身につきます。本は内容がまとまっているので、初心者が知識を身につけるのに向いているでしょう。自分に向いている勉強方法で、まずは基本の編集方法をマスターしてみてはいかがでしょうか。

学びながら実績が作れる!

studio US(スタジオアス)

studio US(スタジオアス)

学びながら実績が作れるスクールです。
動画クリエイターが、案件を取得するには自分で営業を行う必要があり、未経験の方は営業方法が分からずにつまずいてしまうことも珍しくありません。
studio USではスキルを習得した段階で案件の紹介が可能なので、すぐに動画クリエイターとしての実績を積むことができ、外部の仕事を獲得するためのアピールにも活用できます。

おすすめの動画編集スクール比較表

スクール名 コース・受講料
期間キャリアサポート
公式サイト
studio USの企業ロゴ
動画編集コース 5万5,000円(税込)
動画クリエイターコース 9万9,000円(税込)
動画クリエイター総合コース 16万5,000円(税込)
※買い切りオプション +5万5,000円(税込)
無制限(オプション追加時)公式サイトへ
デジタルハリウッドの企業ロゴネット動画クリエイター専攻副業・フリーランスプラン 48万1,800円(税込)
ネット動画クリエイター専攻 38万5,000円(税込)
ネット動画ディレクター専攻 33万円(税込)
など
1か月~6か月公式サイトへ
デジハクの企業ロゴデジハクコースREG 14万8,000円(税込)
デジハクコースPRO 24万8,000円(税込)
90日~180日公式サイトへ
ヒューマンアカデミーの企業ロゴ動画クリエイターコース 27万8,168円(税込)
動画クリエイター総合コース 47万6,692円(税込)
Web動画クリエイター総合コース 102万563円(税込)
6か月~12か月公式サイトへ
ムークリの企業ロゴ
クラスプラン 37万4,000円(税込)
マンツーマンプラン 59万4,000円(税込)
ゼロイチプラン 29万7,000円(税込)
3か月~4か月公式サイトへ
DMM WEBCAMPの企業ロゴ
動画クリエイターコース
・4週間 16万9,800円(税込)
・8週間 22万4,800円(税込)
・12週間 27万9,800円(税込)
・16週間 33万4,800円(税込)
4週間~16週間公式サイトへ
winスクールの企業ロゴ
YouTube動画制作実習
・受講料 10万4,500円(税込)
・入学金 1万9,800円(税込)
・教材費 3,300円(税込)
など
約2か月~3か月公式サイトへ

おすすめ関連記事

【PR】動画編集のスキルアップ!フリーランス・副業を目指す方におすすめのスクール