動画編集は厳しい仕事?そういわれる理由は?

公開日: 2023/10/30
動画編集は厳しい仕事?そういわれる理由は?

副業で人気があるスキルが「動画編集」です。SNSの口コミで動画編集は厳しい仕事といわれています。当然、人によって感じ方は違いますが簡単ではありません。では、一体なぜ動画編集は厳しい仕事といわれるのでしょうか。今回は、動画編集が厳しい仕事といわれる理由について詳しくご紹介します。

動画編集が厳しい仕事と言われる理由

動画編集は厳しい仕事であるといわれることがあります。こちらでは動画編集が厳しい仕事といわれる理由について詳しくご紹介します。

案件の獲得があるから

1つ目の理由は案件の獲得があるからです。会社・フリーランス・副業のいずれかであっても必ず発生するのが案件の獲得です。どんなに動画編集の技術があり、キャリアがあってもクライアントが依頼してくれるかどうかはわかりません

仮にライバル会社に技術力がなくても、価格が安かったり、営業が上手かったらライバル会社に獲られてしまいます。案件の獲得があることから、動画編集は厳しい仕事であるといわれます。

クライアントがクオリティの高い動画を求めるから

2つ目の理由は、クライアントがクオリティの高い動画を求めるからです。一般的にクライアントは、製品を依頼する時にはクオリティが高い成果物を求めてきます。わざわざクオリティが低い成果物を頼んできません。そうなるとクライアントが動画編集に求める基準が高くなります。

動画編集のプロが作る相当クオリティが高い成果物でないと、満足してくれずお金を払ってくれないかもしれません。クライアントがクオリティの高い動画を求めることから、動画編集は厳しい仕事であるといわれます。

やることが多く時間がかかるから

3つ目の理由はやることが多く時間がかかるからです。ただ動画を視ている方からすると、動画編集は簡単にできる仕事と思われているかもしれません。ところが実際にはやることが多く、手間がかかる厳しい仕事です。動画編集の流れは次の通りです。

・動画の構成を決める

・素材をすべて撮影する

・すべての素材を編集ソフトに取り込む

・素材の画質、音量調整をする

・素材のカットを済ませる

・テロップの挿入をする

このように動画編集にはやることがたくさんあります。やることが多く時間がかかることから、動画編集は厳しい仕事であるといわれます。

厳しい仕事でも動画編集の仕事にはやりがいがある

動画編集は厳しい仕事といわれていますがやりがいがあります。こちらでは動画編集のやりがいについて詳しくご紹介します。

動画を通して自分のクリエイティブ(創造性)を表現できる

動画編集の仕事は、動画を通して自分のクリエイティブを表現できることからやりがいがある仕事です。動画のような映像の仕事は「感覚」や「センス」が重要です。自分の感覚やセンスを頼りに作り上げていかなければなりません。

動画編集をすることで感覚やセンスがどんどん研ぎ澄まされていきます。すると自分の中で言葉にならない何かが動きだし、動画を通してクリエイティブとして表現することができます。

多くのユーザーを楽しませることができる

動画編集の仕事は、多くのユーザーを楽しませることができることからやりがいがある仕事です。動画はテキストなどの静的なメディアと比べると、人の心を簡単に動かすことができる動的なメディアです。

ただし動画はそのまま配信しても全然面白くありません。動画が面白い理由は、動画編集をしてユーザーに理解しやすいように作っているからです。もし動画編集をされていないと、ホームカメラで撮ったような味気ない映像になります。動画は動画編集をすることで、多くのユーザーを楽しませることができます。

未経験からでも動画編集の仕事を始める方法

未経験からでも動画編集の仕事を始めるにはどうすれば良いのでしょうか?こちらでは、未経験からでも動画編集の仕事を始める方法について詳しくご紹介します。

クラウドソーシングで仕事を獲得する

クラウドソーシングで仕事を獲得すると、未経験からでも動画編集の仕事を始めることができます。クラウドソーシングとは、ネット上でクライアントと受注者をつなぐプラットフォームのことです。

クラウドソーシングであれば、常時たくさんの動画編集の仕事がラインナップされています。また単価は安いですが、未経験歓迎の動画編集の仕事はたくさんあります。クラウドソーシングであれば、動画編集の仕事を未経験からでもすぐに始めることが可能です。

動画配信者に営業をかける

動画配信者に営業をかけると、未経験からでも動画編集の仕事を始めることができます。個人や企業など、現在動画配信者はたくさんいます。彼らは動画撮影はしても、動画編集は外注している人も多いです。お金を払ってやってくれる人がいれば依頼したいと思っています。

未経験でも、やる気があれば仕事を獲得できる場合があります。動画配信者に営業をかければ、動画編集の仕事を未経験からでもすぐに始めることが可能です。

まとめ

今回は、動画編集が厳しい仕事といわれる理由についてご紹介しました。今回のポイントをまとめると、動画編集が厳しい仕事といわれる理由は案件の獲得があるから、クライアントがクオリティの高い動画を求めるから、やることが多く時間がかかるからです。

動画編集は非常にやりがいがある仕事ですが、さまざまな点で厳しい仕事です。現在、動画編集の仕事をこれからやってみようと思っている方は、今回ご紹介した記事を参考にされることをおすすめします。

学びながら実績が作れる!

studio US(スタジオアス)

studio US(スタジオアス)

学びながら実績が作れるスクールです。
動画クリエイターが、案件を取得するには自分で営業を行う必要があり、未経験の方は営業方法が分からずにつまずいてしまうことも珍しくありません。
studio USではスキルを習得した段階で案件の紹介が可能なので、すぐに動画クリエイターとしての実績を積むことができ、外部の仕事を獲得するためのアピールにも活用できます。

おすすめの動画編集スクール比較表

スクール名 コース・受講料
期間キャリアサポート
公式サイト
studio USの企業ロゴ
動画編集コース 5万5,000円(税込)
動画クリエイターコース 9万9,000円(税込)
動画クリエイター総合コース 16万5,000円(税込)
※買い切りオプション +5万5,000円(税込)
無制限(オプション追加時)公式サイトへ
デジタルハリウッドの企業ロゴネット動画クリエイター専攻副業・フリーランスプラン 48万1,800円(税込)
ネット動画クリエイター専攻 38万5,000円(税込)
ネット動画ディレクター専攻 33万円(税込)
など
1か月~6か月公式サイトへ
デジハクの企業ロゴデジハクコースREG 14万8,000円(税込)
デジハクコースPRO 24万8,000円(税込)
90日~180日公式サイトへ
ヒューマンアカデミーの企業ロゴ動画クリエイターコース 27万8,168円(税込)
動画クリエイター総合コース 47万6,692円(税込)
Web動画クリエイター総合コース 102万563円(税込)
6か月~12か月公式サイトへ
ムークリの企業ロゴ
クラスプラン 37万4,000円(税込)
マンツーマンプラン 59万4,000円(税込)
ゼロイチプラン 29万7,000円(税込)
3か月~4か月公式サイトへ
DMM WEBCAMPの企業ロゴ
動画クリエイターコース
・4週間 16万9,800円(税込)
・8週間 22万4,800円(税込)
・12週間 27万9,800円(税込)
・16週間 33万4,800円(税込)
4週間~16週間公式サイトへ
winスクールの企業ロゴ
YouTube動画制作実習
・受講料 10万4,500円(税込)
・入学金 1万9,800円(税込)
・教材費 3,300円(税込)
など
約2か月~3か月公式サイトへ

おすすめ関連記事

【PR】動画編集のスキルアップ!フリーランス・副業を目指す方におすすめのスクール