動画ポートフォリオってどう作るの?案件獲得のためのポイントを紹介!

公開日: 2023/10/31
動画ポートフォリオってどう作るの?案件獲得のためのポイントを紹介!

ポートフォリオを用意して動画編集の案件を獲得したいけれど、動画ポートフォリオってどう作るの?とお悩みではありませんか。そこで本記事ではそんなお悩みを払拭すべく、動画ポートフォリオの作り方や作成のポイントについて解説します。この記事を最後までお読みいただき、動画編集案件の受注率向上にお役立てください。

成功の一歩!動画ポートフォリオの作り方

ポートフォリオとは、クリエイターのスキルや制作実績などをPRするもののことをいいます。動画編集案件の獲得では、自己紹介動画や過去に作成した案件動画などがポートフォリオに該当します。ここでは、動画ポートフォリオの作り方について解説します。

動画ポートフォリオの作り方3選

ポートフォリオは、クリエイターにとって名刺や履歴書のようなものです。動画ポートフォリオの作り方における代表的なものは以下の3つです。

・ポートフォリオ専用ホームページを作成する

動画ポートフォリオとして、自分だけのホームページでブログを作成する方法があります。ブログ内に自己紹介ページやコンセプト解説ページ、問い合わせフォームなどを用意することで、競争優位性を持たせられます。併せて、動画編集に関する発信を続ければ、ブログ経由で案件を打診される可能性も高まります。

・ポートフォリオサイトに自分の動画をアップする

自分の動画ポートフォリオをポートフォリオサイトにアップすることも有効な手段です。ポートフォリオサイトとは、クリエイターが過去の制作物を掲載できるサイトのことです。サイトによっては、動画の説明文やアピールポイントなどを記載できるものもあり、初心者でも利用しやすい仕様になっています。

・YouTubeチャンネルを開設する

自分のYouTubeチャンネルを動画ポートフォリオとして活用することも効果的です。チャンネルを開設していれば、時間にとらわれず気軽にクライアントに見てもらいやすくなります。

仕事をゲットするための動画ポートフォリオ作成のポイント

ここまでは、動画ポートフォリオの作り方について触れてきました。続いて、動画ポートフォリオを作成する際に意識すべきポイントについて解説します。

ターゲットを明確にする

ポートフォリオを作成する際は、クライアントを明確にすることがとても重要です。クライアントによって求めるカラーやデザインテイストは異なります。そのため、事前に受注したい案件やクライアント像を明確に定めておき、それに合わせたポートフォリオを作成する必要があります。

スキルが伝わる動画にする

動画ポートフォリオには、動画の内容だけではなく、動画そのものがどのようなスキルで編集されたものなのか伝わる工夫が必要です。見やすい演出やおしゃれな演出を施すことで、高い編集技術のアピールに繋がります。

差別化を意識する

動画編集者は山ほどいますので、ライバルとの差別化を意識した動画ポートフォリオを作成することが重要です。ブログのデザインに独自性を持たせたり、自作の画像やサムネイル、テロップを盛り込むことで差別化を図ります。

分かりやすい動画にする

こだわりが強くなり過ぎ、動画ポートフォリオが分かりづらいものにならないよう注意が必要です。ポートフォリオはクリエイターのスキルや制作実績を伝えるものです。編集技術のアピールが先行し、何を伝えたいのか分からないポートフォリオになってしまっては本末転倒です。

短くまとめる

動画ポートフォリオは、1~2分程度にまとめるのが効果的です。クライアントはたくさんのクリエイター中から最適なクリエイターを選考します。10分など長尺の動画を見ている暇はありません。知らない人の動画を何分も見るクライアントはほとんどいないでしょう。

動画ポートフォリオの作成後に必ずするべきこと

動画ポートフォリオは作成して終わりではなく、作成後の行動が案件の獲得を左右します。そこでここでは、ポートフォリオ作成後にするべきことについて解説します。

案件獲得のため行動する

動画ポートフォリオが完成したら、さっそく営業活動を開始して案件獲得に動き出しましょう。案件を探す方法はさまざまなものがありますが、初心者のうちはクラウドソーシングの活がおすすめです。

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と受注したい人とのマッチングサービスのことです。代表的なクラウドソーシングは、ランサーズやクラウドワークスなどです。

ポートフォリオを更新する

案件を獲得し納品が完了したらポートフォリオを更新しましょう。実際に採用された成果物を随時ポートフォリオに追加することで、実績が掲載された魅力あるポートフォリオになります。

高単価案件の獲得を狙う

何件か動画編集の案件が受注できたら、徐々に高単価案件の獲得を狙いましょう。高単価案件を受注するポイントは、編集スキルを磨くこと、編集以外のスキルも身に付けること、クライアントの仕事を巻き取ることなどが挙げられます。

まとめ

動画ポートフォリオの作り方や、案件獲得におけるポイントについて解説しました。動画ポートフォリオの作り方には、専用ホームページの作成、ポートフォリオサイトの活用、YouTubeチャンネルの開設が挙げられます。動画ポートフォリオ作成のポイントは、ターゲットの明確化、スキルが伝わる動画作成、他者と差別化、分かりやすい動画の意識、短くまとめることなどです。

さらに、ポートフォリオの作成後には、案件獲得のため行動、ポートフォリオの随時更新、高単価案件を狙うことが重要です。動画ポートフォリオの作り方でお困りであれば、ぜひこの記事の内容を参考に、ポイントを押さえた質の高いポートフォリオを作成してください。

学びながら実績が作れる!

studio US(スタジオアス)

studio US(スタジオアス)

学びながら実績が作れるスクールです。
動画クリエイターが、案件を取得するには自分で営業を行う必要があり、未経験の方は営業方法が分からずにつまずいてしまうことも珍しくありません。
studio USではスキルを習得した段階で案件の紹介が可能なので、すぐに動画クリエイターとしての実績を積むことができ、外部の仕事を獲得するためのアピールにも活用できます。

おすすめの動画編集スクール比較表

スクール名 コース・受講料
期間キャリアサポート
公式サイト
studio USの企業ロゴ
動画編集コース 5万5,000円(税込)
動画クリエイターコース 9万9,000円(税込)
動画クリエイター総合コース 16万5,000円(税込)
※買い切りオプション +5万5,000円(税込)
無制限(オプション追加時)公式サイトへ
デジタルハリウッドの企業ロゴネット動画クリエイター専攻副業・フリーランスプラン 48万1,800円(税込)
ネット動画クリエイター専攻 38万5,000円(税込)
ネット動画ディレクター専攻 33万円(税込)
など
1か月~6か月公式サイトへ
デジハクの企業ロゴデジハクコースREG 14万8,000円(税込)
デジハクコースPRO 24万8,000円(税込)
90日~180日公式サイトへ
ヒューマンアカデミーの企業ロゴ動画クリエイターコース 27万8,168円(税込)
動画クリエイター総合コース 47万6,692円(税込)
Web動画クリエイター総合コース 102万563円(税込)
6か月~12か月公式サイトへ
ムークリの企業ロゴ
クラスプラン 37万4,000円(税込)
マンツーマンプラン 59万4,000円(税込)
ゼロイチプラン 29万7,000円(税込)
3か月~4か月公式サイトへ
DMM WEBCAMPの企業ロゴ
動画クリエイターコース
・4週間 16万9,800円(税込)
・8週間 22万4,800円(税込)
・12週間 27万9,800円(税込)
・16週間 33万4,800円(税込)
4週間~16週間公式サイトへ
winスクールの企業ロゴ
YouTube動画制作実習
・受講料 10万4,500円(税込)
・入学金 1万9,800円(税込)
・教材費 3,300円(税込)
など
約2か月~3か月公式サイトへ

おすすめ関連記事

【PR】動画編集のスキルアップ!フリーランス・副業を目指す方におすすめのスクール