【初心者必見!】今から動画編集を始める人におすすめのソフト3選!

公開日: 2023/10/30 最終更新日: 2023/11/20
【初心者必見!】今から動画編集を始める人におすすめのソフト3選!

これから動画編集を始める時に真っ先に必要になるのが「動画編集ソフト」です。ただし、初心者が自分に合った動画編集ソフトを見極めることは簡単ではありません。なぜなら動画編集ソフトはさまざまなタイプがあるからです。今回は、今から動画編集を始める人におすすめの動画編集ソフト3選について詳しくご紹介します。

動画編集ソフトとは?

動画を編集する時には動画編集ソフトが必要といわれます。こちらでは動画編集ソフトについて詳しくご紹介します。

動画編集ソフトとは何か?

動画編集ソフトとは、パソコン上で動画を加工することができるソフトウェアのことです。動画編集ソフトには、有料動画編集ソフトと無料動画編集ソフトの2つのタイプがあります。次にそれぞれの違いについて詳しくご紹介します。

有料動画編集ソフトとは?

有料動画編集ソフトとは、有料で使える高スペックな動画編集ソフトのことです。複雑で高度な動画編集をすることができます。有料動画編集ソフトには、動画編集に必要な機能がほぼすべてそろっています。そのためほとんどの動画編集が可能です。処理速度が速く、ストレスなく使うことができ、クオリティの高い動画編集をすることができます。

無料動画編集ソフトとは?

無料動画編集ソフトとは、無料で使える簡易的な動画編集ソフトのことです。簡単な動画編集であれば十分可能です。ただし動画編集機能はかなり制限されており、簡単な機能しか搭載されていません。そのためできる動画編集が決まっています。無料動画編集ソフトは、動画編集ができるようになると物足りなさを感じるかもしれません。

動画編集ソフトができることとは?

無料動画編集ソフトは次の作業ができます。

・動画のカット

・動画のつなぎ合わせ

・音声の挿入

・テロップの挿入

・BGMの挿入

・エフェクトの挿入

・書き出し

ただし動画編集ソフトによってできることが異なります。また、有料動画編集ソフトになると、オーディオ調整、カラー調整、画像編集、3Dアニメーションなど、さまざまなことができます。一般的な動画編集であれば無料動画編集ソフト、フルクリエイターとして動画編集するなら有料動画編集ソフトがおすすめです。

動画編集の入門に最適なソフト3選

動画編集の入門には、どんな動画編集ソフトがおすすめなのでしょうか?こちらでは、動画編集の入門に最適な動画編集ソフト3選について詳しくご紹介します。

Adobe After Effects

Adobe After Effectsは、映像制作のプロフェッショナルも活用するほど実用性が高いソフトです。動画や画像の合成、アニメーション作成、さまざまなエフェクトの追加が可能で、映画やテレビ番組、CMなどの高品質なビジュアルエフェクトを生み出すのに適しています

さらにユーザーは、リアルタイムのオーディオとビデオのプレビュー、高度な3Dレンダリング機能、数百に及ぶプリセットやプラグインを利用して、創造的なビジョンを現実に変えることができます。

Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere Proは、業界を代表する映像編集ツールで、YouTubeやSNS向けの動画制作から、テレビや映画用のプロ品質の映像制作まで幅広い用途に対応しています。

このソフトウェアは、魅力的な動画を迅速に制作できる最先端の編集機能を提供するほか、AI機能と掛け合わせてることでワークフローをシンプルにします。さらに、カラーマッチ、自動ダッキング、スピーチを強調する機能などがあり、クリエイティビティを発揮しながら時間を節約できます。

Filmora

Filmoraは、直感的な操作が可能なオールインワン動画編集ソフトウェアです。初心者から上級者まで幅広いユーザーに対応し、AI技術を活用した時短かつ効率的な編集機能を提供します。AI Copilot編集、AIテキストベース編集、AIサムネイルエディター、AI音楽ジェネレーターなどの機能が搭載されており、高度な編集も簡単に行えます。

さらにFilmoraは、デスクトップ、タブレット、モバイルなど、さまざまなプラットフォームで利用可能で、どこからでもコンテンツの編集、保存、共有ができる柔軟性を持っています

動画編集ソフトの選び方

動画編集ソフトはスペックを見ただけで選んではいけません。こちらでは動画編集ソフトの選び方について詳しくご紹介します。

OSとの相性で選ぶ

動画編集ソフトはOSとの相性で選びましょう。動画編集ソフトとパソコンのOSには相性があります。具体的には「Windows」向けであるのか、または「Mac」向けであるのかです。OSに向かない動画編集ソフトを購入してしまうと動きません。

パソコンのスペックで選ぶ

動画編集ソフトはパソコンのスペックで選びましょう。動画編集ソフトはパソコンのスペックが推奨基準を満たしていないと通常の動きができません。気を付けておくのは「CPU」「メインメモリ」「ストレージ」「ジェネレーション(W11などのこと)」などです。

ファイル形式の互換性で選ぶ

動画編集ソフトはファイル形式の互換性で選びましょう。カメラなどで撮影された動画データはファイル形式で保存されます。ファイル形式によっては、動画編集ソフトが対応していないものがあります。そうなると動画編集ができません。カメラ側と動画編集ソフトのファイル形式が一致するかを確かめてから動画編集ソフトは選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は、今から動画編集を始める人におすすめの動画編集ソフト3選についてご紹介しました。今回のポイントをまとめると、今から動画編集を始める人におすすめの動画編集ソフトはいずれも、高スペックですが初心者でも問題なく使うことができます。

これから動画編集をする方は、ぜひ今回ご紹介した動画編集ソフトを参考にされてみることをおすすめします。本記事が今から動画編集を始める人方の参考になれば幸いです。

学びながら実績が作れる!

studio US(スタジオアス)

studio US(スタジオアス)

学びながら実績が作れるスクールです。
動画クリエイターが、案件を取得するには自分で営業を行う必要があり、未経験の方は営業方法が分からずにつまずいてしまうことも珍しくありません。
studio USではスキルを習得した段階で案件の紹介が可能なので、すぐに動画クリエイターとしての実績を積むことができ、外部の仕事を獲得するためのアピールにも活用できます。

おすすめの動画編集スクール比較表

スクール名 コース・受講料
期間キャリアサポート
公式サイト
studio USの企業ロゴ
動画編集コース 5万5,000円(税込)
動画クリエイターコース 9万9,000円(税込)
動画クリエイター総合コース 16万5,000円(税込)
※買い切りオプション +5万5,000円(税込)
無制限(オプション追加時)公式サイトへ
デジタルハリウッドの企業ロゴネット動画クリエイター専攻副業・フリーランスプラン 48万1,800円(税込)
ネット動画クリエイター専攻 38万5,000円(税込)
ネット動画ディレクター専攻 33万円(税込)
など
1か月~6か月公式サイトへ
デジハクの企業ロゴデジハクコースREG 14万8,000円(税込)
デジハクコースPRO 24万8,000円(税込)
90日~180日公式サイトへ
ヒューマンアカデミーの企業ロゴ動画クリエイターコース 27万8,168円(税込)
動画クリエイター総合コース 47万6,692円(税込)
Web動画クリエイター総合コース 102万563円(税込)
6か月~12か月公式サイトへ
ムークリの企業ロゴ
クラスプラン 37万4,000円(税込)
マンツーマンプラン 59万4,000円(税込)
ゼロイチプラン 29万7,000円(税込)
3か月~4か月公式サイトへ
DMM WEBCAMPの企業ロゴ
動画クリエイターコース
・4週間 16万9,800円(税込)
・8週間 22万4,800円(税込)
・12週間 27万9,800円(税込)
・16週間 33万4,800円(税込)
4週間~16週間公式サイトへ
winスクールの企業ロゴ
YouTube動画制作実習
・受講料 10万4,500円(税込)
・入学金 1万9,800円(税込)
・教材費 3,300円(税込)
など
約2か月~3か月公式サイトへ

おすすめ関連記事

【PR】動画編集のスキルアップ!フリーランス・副業を目指す方におすすめのスクール